Object.create(null)

TypeError: Cannot convert object to primitive value

Cookie Clicker 4周年の記録

ちょうど始めてから 4 年だったので Cookie Clicker の話をしようとしたら 今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」 というのが出てきて笑いました. 強いて言えばおばあちゃんの話をします.

Cookie Clicker とは

知らない人がいるかもしれないので一応説明しますが, クッキーをクリックしてクッキーを生産し (ポケットの中のビスケットと同じ原理です), そのクッキーで設備投資を行い, さらに大量のクッキーを焼いていくゲームです.

Cookie Clicker

4 年前の今日に台風が直撃し, みんな家に引きこもっていたため当時爆発的に流行しました. おばあちゃんを働かせることができるため, 敬老の日なのに不謹慎という声もありました. あまりの扱いのひどさに怒ったおばあちゃん達は最終的に精神も肉体も癒合し, 異形の存在へと姿を変えます. よかったですね (よくない).

クッキー生産の記録

4 年間のクッキー生産量の推移が次のグラフです. 縦軸は対数.

f:id:susisu:20170914232222p:plain

このグラフは気が向いたときに Twitter に投稿している生産枚数*1から作成しており, 途中間が開いていたりするのはそのためです. 最近は割と熱心ですが. グラフを見ても分かるように最近アップデートがあり, ここ二ヶ月で生産量が 4 桁強増えました.

これを書いている時点で毎秒 9.3 × 1031*2のクッキーが生産され続けており, これまでの総生産枚数は 1.2 × 1039 枚です. 1.2 × 1039 枚というのは IPv6 アドレスの数*3の4倍弱で, 一枚数グラムとして計算すると銀河系の中心のブラックホール*4くらいの質量です. ここまで来ると比較できるスケールが少なくなってきて困るという, あまり理解されなさそうな悩みがあります.

何が面白いのか

数が増える. 数が増えるだけで人間は楽しめるということがわかり, 可能性を感じます. あと基本的に放置していて良いので気楽に遊ぶことができます.

さあ, みんなもクッキーを焼こう.

*1:「なんとか CpS」みたいなやつ

*2:実際は Wrinkler の効果でその 7.6 倍

*3:2128 = 3.4 × 1038

*4:Wikipedia によると 8 × 1036 kg